回転性のめまいや吐き気を催す病気|下肢静脈瘤の手術法を知ろう

医者と看護師

夜間休日の診療

女医

急病時の対応としてどうしても一般診療の時間まで症状が耐えられない場合、浦安の夜間診療を利用するのがおすすめです。一時しのぎの対応となりますが、それでも苦しい病状を回避するためには必要な事ですし、患者自身の負担を解消することができます。

詳細へ

健康的な生活を送るために

診断

健康的な生活を送る上でも医療の存在は必要不可欠なものであり、かかりつけの病院などを選定しておいた方が良いです。効率的に良い病院を探す意味でも、病院検索サイトなどの口コミを参考にする工夫を行いましょう。

詳細へ

ひどいめまいに襲われたら

ナース

回転性のめまいが特徴です

メニエール病という病気をご存知ですか。芸能人が発症したことで、この病名を聞いたことがある人も多いかもしれません。メニエール病とは、フランスの医師プロスペル・メニエールがめまいの原因のひとつに内耳が関係していると報告したことから、この名前が付けられました。そのため、以前はメニエール氏病とも呼ばれていました。このメニエール病とは、内耳が内リンパ水腫を起こし内圧が上がるために、回転性のめまいや吐き気を催す病気です。これが繰り返し起こるのが特徴で、身体的な疲れや寝不足、精神的なストレスなどが原因で引き起こされるといわれています。メニエール病になる直接的な原因はいまだ解明されておらず、厚生労働省の特定疾患にも認定されている難病です。

予防と対策

メニエール病と間違えやすい病気に、突発性難聴があげられます。同じくめまいや耳閉感、耳鳴りなどの症状が現われますが、メニエール病と突発性難聴との大きな違いは、症状が繰り返し起こるか起きないかです。メニエール病とは違い、突発性難聴は一度発症した側の耳に再発することはなく、耳鳴りやめまいなどが繰り返し起こった場合はメニエール病を疑います。めまいや難聴は、脳からくる病気の可能性もあるため、MRIなどの検査を受ける場合もあります。メニエール病とはっきりと診断されたら、めまいなどの発作が起きた時に備えて対処法などをしっかりと確認し、慌てないようにしましょう。発作は、安静に過ごしていればやがて収まります。家族や友人など身近な人の理解を得て、普段からストレスなどをため過ぎないように過ごすことが予防につながります。

女性に多い病気

メニエール病は女性に多い病気と言われていますが、同様に下肢静脈瘤にかかる女性も多いです。出産を経験した女性の2人に1人が下肢静脈瘤にかかるとも言われています。ふくらはぎに症状がみられることがほとんどですので、異常を感じたらすぐに病院に行きましょう。手術法にはストリッピング手術やレーザー手術などいくつかの方法があり、下肢静脈瘤の状態によって手術法が変わります。症状が悪化する前に受診することが大切ですが、悪化していた場合はすぐに手術を受けるようにしましょう。

肺癌のタイプと治療法

男女

肺がんのタイプは多岐にわたり、がんのタイプに応じて治療が異なります。初期では症状が確認できず早期発見が難しく、ステージ3以上の罹患者の死亡率が非常に高い病気です。遺伝子検査を受け分子標的薬にて変異した遺伝子を特定することで生存率を高める治療が行えます。

詳細へ